※ シアターグリーン公演詳細情報 ※
≫≫公演情報一覧に戻る
SAF 劇団黄色団(大阪芸術大学) 2018 年
7 / 27 ( 金 ) 〜 7 / 29 ( 日 )
『 わたし、ときどき 』
チケット
前売券
1,800円 当日券
2,000円
お問合せ・その他
シアターグリーン学生芸術祭 VOL.12
(Student Art Festival)

劇団黄色団(大阪芸術大学)
『わたし、ときどき』

【作品紹介】
この作品は、大阪の小さな劇場で、小さな台を組んだだけのセットで、
こぢんまりと上演されました。
微かなメッセージですが、静かに、お客様の心へ届くようにと作りました。
是非東京のお客様にも、この作品の中に登場する小さな人達を見て頂きたいです。

【脚本・演出】
近藤輝一

【出演】
近藤輝一 平田彩夏  高道屋沙姫(かまとと小町) 浜本克弥(小骨座) シーサー裕富
原田睦生 柴野航輝

【公演日程】
7月27日(金)19:00〜
7月28日(土)13:30〜/19:00〜
7月29日(日)13:30〜
※受付開始は開演の45分前。開場は開演の30分前。

【団体紹介】
2013年6月に第一回公演『シッポク』で旗揚げ。
2014年に主宰、近藤輝一の進学に伴い名古屋から大阪にお引越し。
主宰のみのひとり劇団となる。 2014年11 月 第四回公演『キサラギ』で大阪にて活動を再開、
2016年2月には 第五回公演『みずたまり』は道頓堀学生演劇祭Vol.9出展し、
優秀劇作賞を受賞。
そして、2018年3月 第六回公演『わたし、ときどき』で、おうさか学生演劇祭Vol.11出展し、
念願の最優秀劇団賞だけでなく、優秀主演男優賞、優秀主演女優賞を受賞。
さらに、ひとり劇団を脱却。現在は親交の深い小骨座の浜本と月一企画「キイロイコボネ」を
上演中。

主宰の近藤が脚本と演出を担当。
沢山の言葉で何も表現出来ない会話が特徴。

いつだって、黄色いお芝居を。

【過去公演履歴】
2013年6月  旗揚げ公演『シッポク』東海学園高校アトリエ
2014年2月  第二回公演『ポップ・トリップ・ステップ・ダンス』名駅ナンジャーレ
2014年11月 第四回公演『キサラギ』大阪芸術大学13号館
2016年2月  第五回公演『みずたまり』道頓堀ZAZA
       ※道頓堀学生演劇祭Vol.9出展、優秀劇作賞受賞
2018年3月  第六回公演『わたし、ときどき』あべのハルカスSPACE9
       ※おうさか学生演劇祭Vol.11出展、
       最優秀劇団賞、優秀主演男優賞、優秀主演女優賞受賞


劇団メール
saf@alii-inc.co.jp
URL